余分を省くと、おいしさだけが残りました。